身元調査法やお断り運動・人権侵害などの法律について

身元調査法やお断り運動・人権侵害などの法律について

身元調査をされた人は人権侵害である、法律違反であると声をあげることが多いです。実際に身元調査は違法になるのかといいますと、法律で身元調査自体を禁止するような項目はありません。最近では身元調査お断り運動というものを推進している都道府県や市区町村、自治体などもありますが、国の法律では特に調べること自体は禁止されていません。

 

近年個人情報保護法というキーワードはみなさんよく耳にする事かと思います。そもそも個人情報保護法は情報を収集すること自体は特に禁止されておらず、手に入れた情報を公開したり、もともとの利用目的以外に使用することを禁止する法律になっています。例えば探偵が身元調査を行った人物の情報を本来の目的とは別のことに使用してしまうと罰せられるということです。

 

正規の興信所や探偵会社では法律に違反するような身元調査方法は行いません。また差別目的であると判断された場合は調査自体が断られる場合もありますが、結婚調査などの一環として利用される身元調査については問題なく依頼できると考えてくださいね。

 

ただし手に入れた彼氏や彼女など恋人、婚約者、お見合い相手の情報を不特定多数の人に公開したり、社会生活において著しく影響を与えるようなことに使用することは決してしてはいけません。あくまでご自身の結婚について考えるために使用することが原則になります。

 

⇒探偵事務所の身元調査相談・見積もり依頼窓口